石巻の豊かな食文化を楽しめるおすすめランチスポット10選 | 1日から入れるシェアハウス「Roopt」-ループト-

1日から入居できる
「自由な生き方応援」シェアハウス

Rooptコラム

石巻の豊かな食文化を楽しめるおすすめランチスポット10選

石巻は漁業が有名ですが、実は農業も盛んで、地元食材を使った料理を提供するお店があちこちにあります。
料理の美味しさはもちろんのこと、食材の魅力やオーナーのこだわりを知ると、より一層そのお店が好きになりますよね。
食も人も素敵なお店が揃っているのも、石巻の魅力の一つです。

本コラムでは、ランチに絞って石巻駅周辺のおすすめスポット10選をご紹介します。
幅広いジャンルのお店を紹介するので、あなたの好みに合ったお店がきっと見つかるはず。

石巻の”元気”な食べ物が集まる食堂

元気食堂(いしのまき元気いちば2階)

石巻の地元食材や名産品など、石巻の魅力が集まった『いしのまき元気いちば』。
その2階に『元気食堂』というレストランがあり、平日休日問わず地元の方や観光客で賑わっています。

メニューには、海鮮たっぷりの元気丼、さばだしラーメン、牡蠣クリームパスタ、ローストホエール丼など、漁業のまちならではの魚介料理ばかり。
石巻のご当地B級グルメ・石巻焼きそばも食べることができます。

今回筆者が注文したのは、魚のあらだしで取ったダシを使ったラーメン「あら〜麺」。
魚介の旨味が凝縮されたスープに、セットで付いてくる野菜のかき揚げもサクサクです。
『元気食堂』では、魚介系のメニューだけではなくカツカレーやチャーシュー麺などもあるので、魚が苦手な方や小さなお子様連れでも楽しめます。
どんな気分のときに行っても、必ずお腹を満足させてくれますよ。
ちなみに、ご飯メニューは量を減らすことができるので、小食の方もご安心を。

『元気食堂』のテラス席からは旧北上川が見えます。天気がいい日にはぜひテラス席を使ってみてくださいね。

場所:〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目11−11

昼も夜も楽しめる浜料理居酒屋

うみふね(食事処 海船)

石巻駅から徒歩10分ほど、いしのまき元気いちばからは徒歩3分ほどの距離にある『うみふね』。
浜料理が中心の居酒屋であり、昼はランチ営業をしています。
筆者もランチをいただきに行きました。

ランチは定食が中心で、焼きサバ定食などの魚系、牛すじ煮込み定食などのお肉系があります。
今回筆者が注文した唐揚げ定食は、衣がサクサクな唐揚げの他に味噌汁や小鉢付き。
成人男性の空腹をしっかり満たしてくれました。

夜のメニューを覗いてみるとくじらベーコンやあなご白焼きなど気になるものばかり。
まずはランチで利用してみて、その後友人を連れて飲みに行く、なんて楽しみ方もできますね。

場所:〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目1−23

ほぼワンコインでおなかいっぱいのランチ

炭火焼き すみせん

石巻駅からすぐ近く、石巻のメインストリート・立町通り(たちまちどおり)の一角にある『炭火焼き すみせん』も、うみふねと同じくランチ営業ありの居酒屋です。

ランチメニューは、本日の焼き魚定食(650円)、鶏唐揚げ定食(500円)、鶏塩ラーメン(600円)、きまぐれランチの4種類のみと至ってシンプル。
600円前後でランチを食べられるのは嬉しいですよね。

今回のオーダーは、500円の鶏唐揚げ定食。
ワンコインとは思えないほどのボリュームで、腹ペコのときにオススメのお店です。

場所:〒986-0824 宮城県石巻市立町2丁目7−8 富久屋ビル 2F

揚げたてを楽しめる天ぷら専門店

石巻天ぷら和(なごみ)

イオン石巻駅前店から駐車場を挟んだ向かいにある天ぷら専門店『石巻天ぷら和(なごみ)』。
『しぇんろん』というスパイスラーメン屋さんの横に通路があり、階段を上った2階に木目調の暖かい雰囲気のお店があります。

ランチタイムは、海老天丼や野菜天丼などのどんぶり、昼旬天ぷら御膳などの御膳が中心で、どれも1,000円前後で食べられます。
筆者のお気に入りは鶏かしわ天丼で、今回もいつものメニューを注文しました。

『石巻天ぷら和(なごみ)』の魅力は、揚げたての天ぷらが食べられるところ。
注文してから店内で揚げてくれて、アツアツでサクサクの天ぷらと白ごはんの相性は抜群です。

夜の営業ではお酒も提供しているこのお店。
お酒を飲みながら揚げたての天ぷらを一品一品楽しむことができる、夜の時間もおすすめの天ぷら屋さんです。

場所:〒986-0826 宮城県石巻市鋳銭場3−6 大橋ビル2F

オシャレなお店でイタリアンランチを

Trattoria del centro nuovo(トラットリア デル チェントロ ヌォーヴォ)

ここまで紹介したお店とはまたジャンルが違った、オシャレなイタリアンレストラン『Trattoria del centro nuovo』。
ランチタイムはパスタがメニューの中心で、サンドイッチやカレーなども食べることができます。
本場イタリアで修行した女性シェフが腕を振るう、創作系イタリアンを楽しめます。

飲食店が集まるアイトピア通りエリアの中でも、ひときわ目立ってオシャレな『Trattoria del centro nuovo』。
外観も内装ともに”映える”もので、かつ木のぬくもりが落ち着きを感じさせてくれます。

地元石巻の素敵なマダムも、お子様連れのママさんも、バリバリ働くOLさんも、女性に人気のデルチェントロ。
見た目も華やかな創作系イタリアンは、女子会にもぴったりなお店です。

旬の食材を使っているパスタセットは、季節ごとにメニューが入れ替わるので何度でも足を運びたくなります。
冬にいただいたこちらは「つぶ貝のペペロンチーノスパゲッティーからすみがけ」でした。
季節ごとにいろんなパスタを食べられるのも魅力の一つですね。

ディナー営業も、そして不定期にテイクアウトメニュー専用の朝市もおこなっています。
朝市は数時間で売り切れてしまうので、シェフのInstagramを要チェックです。
パスタが食べたくなったら、まず『Trattoria del centro nuovo』を頭に思い浮かべてくださると嬉しいです。

場所:〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目7−10

体に優しいランチプレートで日々に活力を

cafe 蓮(れん)

一目見てわかる暖かな雰囲気の『cafe 蓮』。
古民家を活用したこのお店は、ランチもスイーツも楽しめるカフェ。
今回はランチタイムにお邪魔しました。

「農家出身のパティシエが作る、毎日のご飯とパンのお店」がコンセプトの『cafe 蓮』では、体に優しいランチメニューを週替わりで提供しています。
筆者は「ハンバーグ〜玉ねぎと黒酢ソース〜」のランチプレートをいただきました。
優しくて、かつしっかりした味わいのメニューは、その余韻が午後にずっと残るほどおいしかったです。
ランチプレートは、メイン料理が1種類の場合は825円で、1,265円でプラスもう1品、2種類のメイン料理を選ぶことができます。
1000円前後でこの健康料理を楽しめるのはお得ですよね。

店内外を彩るチョークアートも魅力の一つです。
特に、店舗入り口の素敵なチョークアートには思わず目を奪われるので、この記事を読んでくださった方なら「ここがcafe 蓮か!」とすぐにピンとくるはず。

場所:〒986-0824 宮城県石巻市立町2丁目7−26

薬膳料理で心も体も元気に

bi cafe なつめ

いしのまき元気いちばから徒歩3分ほど、日和山のふもとにある『bi cafe なつめ』では、本格的な薬膳料理を楽しむことができます。
健康や美容に力を入れている方にとっては嬉しいですよね。

外観は完全に一軒家ですが、ドアを開けて2階に上がると明るい雰囲気のお店があります。
窓からは太陽の光が入って店内が非常に明るく、窓際席は冬でも暖かいです。

そもそも薬膳料理とは「体内のバランスの乱れを整え、病気にならないよう免疫力を高める予防食」のことで、『bi cafe なつめ』でもそこにこだわった薬膳料理を提供しています。
メニューには薬膳火鍋セット、薬膳カレーセット、火鍋とカレー両方食べられるセットなどがあり、今回は一番人気の薬膳火鍋セットを注文しました。

漢方牛、漢方米などの薬膳ならではのものから、キノコの盛り合わせや季節の野菜まで、栄養満点のメニューとなっています。
赤い麻辣スープと白い白湯スープで温めた食材を食べると、心も体も元気になりますよ。

ちなみに、スタッフさんにお願いすると麻辣スープの辛さを控えめにしてくれるので、辛いものが苦手な方でも安心ですね。

場所:〒986-0024 宮城県石巻市門脇町1丁目3−21

管理栄養士のこだわり健康ランチ

自然食食堂さん

ここで紹介する『自然食食堂さん』は、管理栄養士であるオーナーが考え抜いた「たくさんの方がより健康になれるお食事」を提供しています。
地産地消で、かつ添加物や農薬をなるべく使用していない食材にこだわった、体に優しく美味しい料理を食べることができます。

外観も内装もまるで老舗の料亭のようで、店内に入った瞬間から落ち着いた気持ちにさせてくれます。
お店自体は石巻の市街地、いしのまき元気いちばの立体駐車場のすぐ近くに立地していますが、それを忘れるほどの落ち着きです。

厚揚げと舞茸の炒め物、粕漬け鱈の焼き物など、名前を見ただけで美味しさが伝わるメニューばかり。
今回筆者が注文した豚肩ロースの生姜焼きも、優しい味で心をより一層落ち着かせてくれました。
副菜にもこだわった一汁三菜を、ぜひ一度味わっていただきたいです。

場所:〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目7−31

まるで実家のような安心感のそば処

そば処 もりや

本記事の10選において、唯一のお蕎麦屋さんの紹介となります。
石巻市内にいくつかあるお蕎麦屋さんの中で、今回は『そば処 もりや』を紹介します。

和風な外観の入り口から入ると、まるで地元のおばあちゃん家のような雰囲気の店内。割烹着を着ながら長年ご家族で営業している、アットホームなお蕎麦屋さんです。

オーソドックスなかけそば・うどんから人気メニューのカレーそば・うどんなど、さまざまな種類の蕎麦が揃っています。
筆者がいただいた肉そばも程よい味加減でした。
サクっと食べて午後からの仕事もがんばろう、というときにオススメです。

ちなみに、『そば処 もりや』ではご近所さん限定で出前そばも提供しています。
取材中にバイクで出前に出かける様子を目撃できて、平成生まれの筆者としてはちょっとした感動でした。

場所:〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目1−13

どデカいハンバーガーにかぶりつきたいなら

CAPTAIN KANGAROO石巻(キャプテンカンガルー)

最後は、どでかいハンバーガーを提供する『CAPTAIN KANGAROO石巻』を紹介します。

石巻駅からは少し離れていますが、石巻駅から車で10分ほど、自転車でも30分あれば行くことができます。
ここまで紹介した9店舗とは打って変わってアメリカンなお店で、遠くから見てもすぐに分かるでしょう。

店内も活気が溢れており、スタッフさんの元気のおかげで筆者の心も一気に明るくなりました。
また、お客さんとのコミュニケーションも活発なので、それを求めて通う方もいるかもしれませんね。

アメリカンなお店で提供するハンバーガーは、サイズもアメリカン。
今回注文したのは、一番人気のメニュー「スパーキーバーガー」。
「どうやって食べるんだろう…」と一瞬食べ方がわからなくなるほどの大きさですが、ガブッとかぶりつきながら食べるのも楽しさの一つです。
パティはジューシーでバンズはモチモチ、中のフライドオニオンやベーコンはカリカリとやみつきの味。
一度食べに行ったらリピーターになること間違いなしです!

場所:〒986-0865 宮城県石巻市丸井戸3丁目1−1

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本記事の10店舗の他にも紹介したいランチスポットや飲み屋がまだまだあるほど、石巻は食が豊かな地域です。
街を歩くと、きっとその意味が伝わると思っています。

食は「人を良くする」と書くように、食が豊かになると暮らしも豊かになりますよね。
漁業も農業もともに盛んな石巻の飲食店を訪ねることで、ぜひその豊かさを感じていただきたいです。


text by. Takashi SUMIDA https://linktr.ee/sumida_world

RELATED

PAGE TOP